忍者ブログ
ここは株式会社トミーウォーカーが運営するPBW「SilverRain」の非公式ファンサイトです。                                                  「如月李緒」「水瀬凛」「藍澤姉弟」「氷室侑真」「黒瀬恢斗」とその背後が出てきます。                                                            所謂『なりきり』が苦手、または嫌悪している方はブラウザバックをお願いします。                                                 主にキャラと背後の呟きがメインになります。                                                                  銀雨関連の方ならリンクフリーです。貼るも剥がすもお好きにどうぞ。
[155]  [154]  [153]  [152]  [151]  [150]  [149]  [148]  [147]  [146]  [145
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


(暴力・犯行等の描写がありますので、閲覧は自己責任でお願いします)


あたしは小学生の頃から周囲に恐れられていた。
学校自体は親父に無理矢理入学させられたんだが。
「うわ…ゆうまが来てるよ…」
怯んだ目をしたガキ共が、ただのクズにしか見えなかった。

親父は随分と有名なヤクザらしい。
校長さえもビビってやがる。
そんな父親の娘のあたしに、恐怖の視線を向ける奴等が多すぎた。

「あーあ…だりぃな…サボるか」

呟きながら屋上を目指す。
先公共に目ェ付けられてることくらい知ってる。
でも奴等は何も出来ねぇただのクズ。
あたしを横目で見るくらいしかしなかった。

「おい、オレ達の場所で何やってんだお前」

屋上に着いた途端、待ち構えるように目の前に立つ男。
小学生にしちゃ体格がいい、ガキ大将気取りな子供だった。

「はぁ?いつからテメェらのモンになったんだ。そこ退けよ」
「てめ、女のクセにナマイキなんだよ!」

軽く鼻で笑っただけなのに、頭にキてやがる。
取り巻きの連中があたしに近寄ってきた。
多分コイツ等、あたしの事何も知らねぇな?

「かかって来いよ。テメェら全員相手になってやるぜ?」

笑みが零れ、あたしは連中の攻撃を避け続ける。
――どれも単純な動き。
少なくとも毎日親父と一緒に喧嘩してきたあたしにはそう思えた。
スネに蹴り入れたり、顔面思い切り殴ったり、下から潜り込んでアッパーかましたり…。
大人数…とはいえ四~五人程度だが、それでも喧嘩は楽しかった。

「あたしは氷室侑真。テメェらじゃ暇潰しにもならねぇんだよ」

立ち上がっているのはあたしだけ。その状態で、名を名乗った。
殺しはしなかったが、ま、アレぐらいじゃ骨折にもならないだろう。
だが、他人を見下してる気分は、とても心地良い。

「氷室…ゆう、ま…。氷室ってあの…ッ」

数人は気付いたみたいだ。ま、この地域じゃ有名な名字だもんな。
ただのガキ大将気取りだと思ったら、意外と話が通じるみたいだ。
怯えた瞳であたしを見る。『襲わないで』と必死に請う子犬のように。

「気付くの遅ぇよ。ほらほらさっさとお家に帰りな?ここは『あたしの』場所だ」
「わ、わかったから…!おい戻ろうぜお前ら!」

文字通り、逃げるように連中は屋上を去って行った。
そして、いつもの静寂な屋上に戻った。

……つまんねぇ。

ボーッと寝転がりながら、そればかり思っていた。
勉強なんざ適当にやっとけばいい。成績なんてあたしには関係ねぇから。
それに、正直「夜の世界」の方が好きだった。
――真っ昼間の太陽の日差しが、眩しすぎる。

昼休み。あたしはカバンを取りに教室に戻った。
廊下を歩けばざわめく声。それでもあたしを恐れて近付こうとはしない。
そんなクズ共を無視して、自分のカバンを取って、教室を去る。
止めるヤツは…誰もいなかった。

「…暇」

街の中でぽつりと呟く。
どうせならもうちょっと昼寝しときゃよかった。
そう思いつつ、近くにあったコンビニの中へ入った。

昼間だから人が全く、というより店員しかいなかった。
その店員もレジの奥へ姿を消す。その隙を逃すわけなかった。
防犯カメラを気にしながら、菓子とシャーペンをカバンの中へ詰め込む。
「万引き」という犯罪だってことは知ってる。けど、楽しかった。
見つかるか見つからないかのスリル感。かんたんにモノが手に入る便利さ。
親父がいないこの時間は、万引きで退屈をしのいでいた。

そして、何事もなかったように店を出る。
ブラブラ歩いていたら、もう夕方になってた。
マズイ。早く帰らねぇと親父に殴られる。
あたしは早足で自宅へ向かっていった。


---------------------------------------------------------------------------------------------
あとがき。

侑真が10歳ぐらいの事を書きました。背後です。
今回は氷室という名の知名度、学校の不満さからの万引き…と言った内容です。
万引きについてですが、背後は過去に似たような行為をしたことがありました。
母の財布の中身を少しだけ盗む。それだけでも「いけない」事ですよね。
何故したか。…それは侑真と同じで「退屈さ」を感じていたからなんです。
彼女とはまた別の意味でしたが、どちらにしろ「悪い事」には理由があるんです。
…と、実話はここまでにしておいて。
ここから少しずつ、変化が起こります。
恢斗君の登場から、侑真自身の心境などなど。
まだまだ続きますので、生暖かい目で見てやってください。

PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
12 2018/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
黒羽(背後)
性別:
女性
自己紹介:
=====================
 このブログ内の作品(PL作を除く)は、株式会社トミーウォーカーの運営する
『シルバーレイン』の世界観を元に、
株式会社トミーウォーカーによって作成されたものです。
 イラストの使用権は作品を発注した黒羽(背後)に、
著作権は各絵師様に、
全ての権利は株式会社トミーウォーカーが所有します。
=====================
※補足:イラストレーターの水瀬凛様とは全く関係ございません。ご了承下さい。
最新コメント
[08/06 キア]
[02/01 リューキ]
[02/01 リューキ]
[01/12 リューキ]
[01/11 リューキ]
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]