忍者ブログ
ここは株式会社トミーウォーカーが運営するPBW「SilverRain」の非公式ファンサイトです。                                                  「如月李緒」「水瀬凛」「藍澤姉弟」「氷室侑真」「黒瀬恢斗」とその背後が出てきます。                                                            所謂『なりきり』が苦手、または嫌悪している方はブラウザバックをお願いします。                                                 主にキャラと背後の呟きがメインになります。                                                                  銀雨関連の方ならリンクフリーです。貼るも剥がすもお好きにどうぞ。
[152]  [151]  [150]  [149]  [148]  [147]  [146]  [145]  [144]  [143]  [142
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


『PRRR…』

戦争が終わって一息ついてたら、何の前触れもなく携帯が鳴った。
俺は無言で通話ボタンを押す。
何故なら、相手はもう予測出来ているからだ。
例え、見知らぬ番号だったとしても。


『…侑真、戦争お疲れさん』

黙ったままの俺を気遣ってか、やけに低い声だった。

「お前は死んでないみたいだな」
『っつっても、重傷喰らっちまったぜ。しばらくGTにも行けねぇや』

恢斗は苦笑して、いつもの飄々とした口調に戻った。
そして、静寂に包まれる。
奴は何も言おうとしない。無理矢理話を変えようともしない。
俺には理由がわかっていた。『会いたい』と告げられた言葉を、忘れるワケなかった。
だからこれからとるべき行動は。

「恢斗、今予定空いてるか」
『……覚悟、出来たみたいじゃねぇの』

ややあって、奴から笑いの含んだ声が聞こえた。

「…近くの公園で待ってる」
『バーカ、そこに近いのは俺だぜ』

俺は大真面目だってのに、恢斗は軽く笑った。
苛立ちは起こらなかった。何故か俺も薄く微笑を浮かべていた。
電話を切って、外へ足を運んだ。


「よォ、俺が待たされる側になるとはな」

息を切らせてまで走ったのに、目の前に立つ男は手をひらひらさせて笑っていた。
多分、いや絶対余裕が交じっている。

「…久しぶりだな、恢斗」
「ま、直接会うのは久しぶりかもなー」

ケラケラ笑う恢斗。
よく見ると、昔会った時より若干背が高くなった気がする。

「さて、本題でも入りましょーか」

電話で何度か聞いた低い声で、恢斗は言葉を紡いでいく。

「とは言っても、俺等の現状を話すワケじゃねぇ。お前に頼みがあんだよ」
「頼み?」
「お前の居る結社に入りてぇんだよ」
「………はぁ!?」

理解するのに時間が掛かった。俺の声が静かな公園に響き渡る。
てっきり、何をしてきたのか、とか、今の族の現状を話すのかと思っていた。
想定外の事を言われて、冷静になれるわけがない。

「テメ、何言ってやがる!意味わかんねぇよ!」
「あー…やっぱ混乱しちまったか」
「やっぱって何だやっぱって!」

脳内が混乱してても、これだけははっきりと感じられた。
懐かしくて、嬉しくて、安心する。
久々の再会が学園繋がりになるなんざ、どっちも思っちゃいなかっただろう。

「ヘーキだって。俺だって今禁煙中だし、喧嘩はゴーストにしかしてねぇし」
「そういう問題じゃねぇよ!」

そう言って俺は軽く恢斗の頭を殴った。
自然と怒りは感じない。不思議だ。

「……まぁ、どうせ断っても粘るんだろ?」

俺を散々困らせてくれた恢斗だ。
納得行くまで帰らない事くらい目に見えてる。

「お、よくわかってんじゃねぇか。さっすが俺の相棒」
「元、だろうが。一文字抜けてる」
「今こうやって再会出来てんだし、同じようなもんだろ」

俺も恢斗も、端から見れば楽しそうな友人に見られてるかも。
そう思えるぐらい、喜びの笑みが消える事はなかった。

「へぇ、そんなに嬉しかったのか、俺との運命の再会が」
「違う。つーか運命って何だ、気味悪い」
「うわ酷ぇ、俺すっげぇ嬉しいのによ!」
「んな事知るか」

他愛のない会話でさえ、楽しく思えた。
俺達はしばらく談笑した。
恢斗と俺の結社が音楽系だったり、好きな曲を語り合ったり。
思わず口が滑って俺の女装の話もしてしまったが。

「マジで!?…こりゃー見物だぜ。あの侑真がまさかの…ククッ」
「五月蝿い黙れ!」

案の定、笑われた。
俺は顔を真っ赤にしながらもう一度恢斗の頭を殴る。
そんな事している内に、気付けば夜が明けようとしていた。

「そろそろ戻らないとヤバくね?」
「かもな。…で、入団は本当なんだな?」

話が逸れすぎて忘れかけてた事を確認する。

「ああ、近い内に届けを出さなきゃな」

その声に俺は笑って頷いた。
「じゃあな」と互いに手を振り合い、正反対の道を進む。
これからは違う道を歩まなければ。そんな意味を込め合いながら。


-----------------------------------あとがき-----------------------------------
もうどうせなら一気に進めてしまえ!
そう思って執筆したらえらく長くなりました。という事で背後です。
最初は某倉庫の予定だったんですが…今って修学旅行中ですよね?
という理由で場所を公園にしました。適当主義です、ハイ、すみません。
ちなみに最後の一文は『族を降りて普通の人生を歩む』
そんな意味もあります。恢斗くんも同じ事を考えて正反対に進みました。
これで『ある日の出来事』シリーズは完結です。
二~三話で終わらせるつもりが、こんなに長くなるなんて思ってませんでした。
でもやっと恢斗くんをこのブログに入れられる!
次回更新時に、恢斗くんを紹介しますね。
それでは最後に、ここまで読んで下さった方に感謝を。(いや、見てないかもですが)

PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
黒羽(背後)
性別:
女性
自己紹介:
=====================
 このブログ内の作品(PL作を除く)は、株式会社トミーウォーカーの運営する
『シルバーレイン』の世界観を元に、
株式会社トミーウォーカーによって作成されたものです。
 イラストの使用権は作品を発注した黒羽(背後)に、
著作権は各絵師様に、
全ての権利は株式会社トミーウォーカーが所有します。
=====================
※補足:イラストレーターの水瀬凛様とは全く関係ございません。ご了承下さい。
最新コメント
[08/06 キア]
[02/01 リューキ]
[02/01 リューキ]
[01/12 リューキ]
[01/11 リューキ]
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]