忍者ブログ
ここは株式会社トミーウォーカーが運営するPBW「SilverRain」の非公式ファンサイトです。                                                  「如月李緒」「水瀬凛」「藍澤姉弟」「氷室侑真」「黒瀬恢斗」とその背後が出てきます。                                                            所謂『なりきり』が苦手、または嫌悪している方はブラウザバックをお願いします。                                                 主にキャラと背後の呟きがメインになります。                                                                  銀雨関連の方ならリンクフリーです。貼るも剥がすもお好きにどうぞ。
[142]  [140]  [139]  [138]  [137]  [136]  [135]  [134]  [133]  [132]  [131
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


『PRRR…』

あれから随分経った今、また家の電話が鳴り響く。
久しぶりのコール音。間違いなくアイツに違いない。
あたし…いや、「俺」は受話器を取った。

(久しぶりの長文日常です。続きはテキストリンクよりお願いします。)


「……」
『俺だとわかったから黙ってんのか、侑真サン?』

やっぱり、嫌な予感程当たりやすい、というのは本当らしい。
飄々とした言葉遣い。俺をわざと「サン」付けで呼ぶアイツの遊びゴコロ。

「…俺に何の用だ」
『へぇ、今度は「俺」に変えたのか。似合ってるじゃねぇの』
「んな事どうだっていいだろうが!もう電話すんなって言っただろ!?」

ムシャクシャする。
人を、特に俺をからかう事が無性に好きなのは変わってない。
ムカツク。ムカツク。ムカツク。
折角俺は自分なりに過去とのケジメをつけたってのに。
アイツは。アイツの声は。
思い切り過去の「あたし」に戻そうとしてる気がしてならない。

『あ、言っとくけど族に戻れとかそういうのはやめたから』
「……はぁ?」

予想外の言葉に唖然とする。

「お前な、『期待してる』とか言いながらそりゃねぇだろ?」
『だって侑真サン頑固だし』
「んで、その余所余所しい呼び方やめろ。お前に言われるとキモイ」

笑いを含んだ声で奴は言う。
仮にも昔は俺の相棒だった男。…だからこそ、話したくもなかったのに。

『…ハァ、まぁ、ふざけるのもここまでにしとくぜ侑真』
「最初の話に戻ろうか。何を言いに掛けてきやがった」

急に声のトーンが落ちた。俺も、奴も。
とりあえず、俺を族に戻すのは諦めたみたいだから落ち着くことは出来た。
知りたいのは、奴の考えてる事。

「俺に掛けるって事は、ただの世間話ってワケじゃねぇだろ」
『正直に言うと…俺はお前に会いたいんだ』
「……は?」
『冗談じゃねぇぜ、コレは。感動の再会になるとは思っちゃいねぇけど』

俺はただ、受話器を握ったまま、呆然とするしかなかった。
冗談じゃない事ぐらい声でわかる。アイツの声は低く、真剣なのが伝わるほどだ。

「何で俺のツラ見てぇのか、ハッキリ言って貰わねぇと受話器ぶった切るぞ」
『話がしてぇんだ。…侑真とじっくり話してぇんだぜ、こっちは』
「……」

曖昧な気持ちだ。
俺は、面と向かって話はしたくない人間だ。後々面倒な事になりかねない。
けど、アイツがここまで律儀に言うなんざ久しぶりだった。
揺らぐ気持ち。俺は、あたしは、どうすればいい?

「…悪ぃ、また今度電話してくれ。今じゃ答えは出せねぇよ」

自然と零れる言葉。これが、今の俺の精一杯の答えだった。
我ながら情けねぇと思う。何故、またアイツの声を求める返事になってしまうのか。

『そうか。ま、いきなり言われちゃ戸惑うよな。…それじゃまたな、侑真』
「悪ぃな、ホントに。……またな、恢斗」

久しぶりの長電話。
久しぶりに、アイツの名を呼んだ。
受話器を置いて、俺は欠伸をした。
アイツの…恢斗の返事、どう返せばいいんだろうか。
少なくとも会話した直後の俺には、何もわからなかった。



----------------------------------あとがき--------------------------------------------
いよいよ侑真の日常も大詰めになってきました。
あと1~2話で完結する予定です。
ちなみに侑真の相棒、恢斗くんは図書館で調べたらいますよ。
相棒である以上、侑真の過去でも彼はとても重要な人物だったりします。

実を言うと、恢斗くんをここのメンバーに交ぜる為の物語でもあるんです(爆
ここまで読んでくださってありがとうございました。

PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
黒羽(背後)
性別:
女性
自己紹介:
=====================
 このブログ内の作品(PL作を除く)は、株式会社トミーウォーカーの運営する
『シルバーレイン』の世界観を元に、
株式会社トミーウォーカーによって作成されたものです。
 イラストの使用権は作品を発注した黒羽(背後)に、
著作権は各絵師様に、
全ての権利は株式会社トミーウォーカーが所有します。
=====================
※補足:イラストレーターの水瀬凛様とは全く関係ございません。ご了承下さい。
最新コメント
[08/06 キア]
[02/01 リューキ]
[02/01 リューキ]
[01/12 リューキ]
[01/11 リューキ]
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]